日本モウルド工業株式会社 会社情報
製品情報
概要・沿革 メッセージ 理念・方針 事業所一覧 グループ情報 英語ページへ 採用情報ページへ

たまごパック
フルーツパック
贈答用フルーツパック
工業製品(緩衝・梱包材)

New Products「新製品」
What's PULP MOLD?「パルプモウルドって何だ?
破卵を防ぐ対策。破卵にお困りの皆さんへ。
会社情報
HOME > 会社情報 > 概要/沿革
概要/沿革
会社概要
商  号 日本モウルド工業株式会社
所 在 地
本 社: 愛知県安城市三河安城町2丁目20番地1
工 場: 本社工場・東端工場 ・藤枝工場
事業所: 東京・大阪・仙台・青森・九州・長野
設  立 昭和31年5月
資本金 2億3千万円
従業員数 200名
年  商 52億円
主要取引先
(順不同)
全国農業協同組合連合会・ホクレン農業協同組合連合会・(株)ノリタケカンパニーリミテッド・東レ(株)・(株)コバヤシ
取引銀行 碧海信用金庫 三菱東京UFJ銀行
会社沿革
                                         
昭和31年
愛知県安城市新田町弁天前に設立。
資本金500万円。
鶏卵用フラット容器の製造を開始する。
東京、大阪事業所、営業開始。
昭和36年
  フラット製造機を輪転式に改良し、生産能力の増強を図る。資本金3,000万円に増資。
昭和43年
  九州営業所開設。三段詰容器発売開始。
昭和44年
  仙台営業所開設。
昭和46年
  富山営業所開設。資本金9,000万円に増資。
昭和48年
  本社工場に排水処理装置設置。
昭和49年
  大型成形機第1号機設置。札幌出張所開設。
資本金1億2,000万円に増資。
昭和50年
  大型成形機第2号機設置。青森出張所開設。
資本金1億2,600万円に増資。
昭和51年
  大型成形機第3号機設置。
昭和53年
  東端工場新設。
昭和53年
  大型成形機第5号機設置。
昭和55年
  W竪型成形機設置(小ロット対応機)。
昭和60年
  パルプモウルド印刷機、プレス機導入。
昭和62年
  資本金1億3,230万円に増資。
昭和63年
  大型成形機第6号機設置。
平成3年
  大型成形機第7号機設置。
平成5年
  本社事務所移転。
平成6年
  資本金2億円に増資。
平成7年
  パルプモウルド印刷機2号機、大型プレス機設置。
平成8年
  本社工場廃水処理生物処理装置導入。
平成13年
  高速パルプモウルド印刷機、大型プレス機2号機設置。
平成14年
  大型成形機第8号機設置。
平成17年
  東端工場に2号機設置。
平成18年
  藤枝工場新設。
平成20年
  中型成型機第10号機設置。
平成22年
  ISO9001認証取得。
平成24年
  資本金2億3千万円に増資。
平成24年
  小型成型機第11号機設置。
平成24年
  ISO14001の認証取得。
平成26年
  タイ工場(EMI Thailand)設立。
平成29年
  機密紙処理専用工場稼働。