ニチモウ商事株式会社


機密書類が緩衝資材に変わる

会社概要 ISO27001 機密紙処理 古紙回収 資源回収

機密紙処理

完全消去
完全消去
復元不可能な処理方法

水だけで機密書類を繊維状に溶かす溶解処理です。
シュレッダーとは違い復元不可能な処理方法です。

漏洩防止
手間軽減
オフィスから処理槽まで万全のセキュリティ

全予約制の工場では、ダンボールを開封すること無く処理槽まで入れます。
工場内へは静脈認証登録者しか入ることが出来ません。
常に監視カメラが皆さまの情報を守ります。

手間軽減
手間軽減
クリップやホチキス針等はそのままでOK!

書類についているクリップやホチキスを分別することなく、 ダンボール箱に投げ入れて密封するだけ。
シュレッダー等の手間暇、人件費の差は歴然です。
注)金属類はクリップやホチキスの芯のみとなります。

機密紙処理

新しい『循環システム』のご紹介

新しい『循環システム』のご紹介

ご依頼の流れ

分別について

当社では、ダンボール箱を開封しないことが基本です。
よって、完全処理のためにお客様へは下記分別ルールをご案内しております。
ご協力をお願い致します。

紙以外のものは入れないでください。


分別について

解けない紙・再生に不向きな紙は入れないでください。


分別について

以下のものは入れないでください。(紙以外)


  • プラスチック類
    CD、DVD、ファイル、バインダー、ラミネート加工(パウチ)、筆記用具等
  • 金属類
  • 布製品
  • ワッペン類

以下のものは入れないでください。(紙類)


  • 防水加工紙
  • 臭いのついた紙
  • 油紙
  • 写真
  • 金銀などの金属が箔押しされた紙
  • 合成紙
    (例:選挙の公示用ポスターなど)
  • 感熱紙
  • カーボン紙
  • 捺染紙 (例:アイロンプリント紙)
  • 複合素材の紙 (例:フィルム等を貼り合わせたもの)

処理費用について

●機密文書回収BOX

機密文書の保存箱を兼ねた回収BOXを販売しております。
A3サイズがそのまま入る大きさで20㎏程度の書類を入れることが可能です。
地域により価格・引取り数量が違います。

機密文書(溶解処理)回収BOX
●処理工場へ持ち込み

お客様が用意した段ボールに機密書類を入れて直接工場へ持ち込んでいただく方法です。
溶解費用のみ頂きますのでお値打ちに処理することが出来ます。

●当社回収車での引取り

お客様が保管している機密書類を当社の回収車で引取りし溶解処理をする方法です。
溶解費用と回収費用を請求させて頂きます。

●市区町村別費用

※価格には回収費用+溶解費用+溶解証明書が含まれております。
※価格には消費税は含まれておりません。

市区町村 段ボール販売価格(税別)
<回収費用+溶解費用+溶解証明書含む>
備考
安城市 5,000円/10箱 10個以上で回収
碧南市 10,000円/10箱 10個以上で回収
高浜市 10,000円/10箱 10個以上で回収
岡崎市
(※一部地域を除く)
15,000円/10箱 10個以上で回収
豊田市
(※一部地域を除く)
15,000円/10箱 10個以上で回収
刈谷市
15,000円/10箱 10個以上で回収
知立市
15,000円/10箱 10個以上で回収
西尾市
15,000円/10箱 10個以上で回収